#女一人旅(国内編)初めての奄美大島編#1

今回は、女一人旅国内編として、1泊2日で奄美大島に行ってきました!有効期限がせまっているJALのマイルがあり、かつ、さすがにそろそろリフレッシュしに旅に出たい!と思い、政府のGoToトラベル事業にも便乗し、“どこかにマイル”というJALマイレージバンクのサービスを利用して奄美大島に行くことになりました!自分で選んだ旅先ではないのと、あまり国内で一人旅をしたことがないため、何をすればいいやら、私にとってとても新鮮なことが多かったのですが、リラックスしつつもアクティブな、とても楽しい時間を満喫できたので、奄美のおススメポイントをシェアしたいと思います♡

※どこかにマイルについてはこちらの記事を参考にしてみてください。とってもおススメな面白いサービスです!

旅の概要

  • 時期:2020年8月、1泊2日
  • 航空会社:JAL
  • 往路:JAL2465便(伊丹9:45発→奄美11:25着)
  • 復路:JAL2468便(奄美18:05発→伊丹19:45着)
  • 宿泊:龍郷町のホテルカレッタ

まずはサイクリング

お昼前に奄美空港に到着し、無料送迎を利用してホテルへ向かいました。チェックインまで時間があったので、荷物を預け、ホテルの無料レンタサイクルで島を少しサイクリングすることにしました。宿泊したホテルカレッタは、チェックイン前後でもレンタサイクルやプール等、各サービスを利用させてもらえたのでとっても便利でした!

海の見えるレストランでお昼ご飯

夏の暑さの中、約20分自転車を走らせ、奄美きょら海工房という海の見えるレストランに入りました。こちらは「神の子ビーチ」にほど近く、真っ白な砂浜と青くて澄んだ海が目の前に広がる、とっても綺麗な景色が見えるレストランです。ピザ・パスタ・カレー等がメニューにあるのですが、奄美の名産品を使ったオリジナリティあふれる品もあり、私は、奄美名物“鶏飯”の具材が乗った、鶏飯ピッツァを注文しました。鶏と錦糸卵ときざみのりが、絶妙にピザ生地とチーズにマッチして、とっても美味しかったです!

レストランは、お土産屋さんと併設されていて、黒糖やクロウサギクッキー等を購入することもできます♡また、お昼ご飯を食べた後は、レストランの駐車場からビーチに降りれるので、少しビーチで海に足をつけて、初めて奄美の海を体験しました。とても穏やかな波のビーチで、ほどよく涼むことができました。

===
奄美巨ら海工房 笠利店
ホームページ
Google Map
===

奄美のハートロックへ!!

お昼ご飯で満たされた後は、また自転車を10分ほど走らせ、ハートロックへ向かいます。「ハートロック」とGoogleで検索すると、沖縄の古宇利島をはじめとして、様々なハートロックが出てくるかと思いますが、奄美のハートロックは干潮時にのみ出現する海岸の岩場にハート型にできた潮たまりのことです。満潮時には、岩場自体が海になってしまっているため、見ることができません。干潮は1日2回のため、ハートロックに行く際は必ず干潮時刻に合わせて訪れる必要があります。時期によっては干潮時刻が早朝や深夜と重なることもあるようです。私が訪れた日の干潮時刻は13:50で、30分ほど早めに着いたのですが、すでに潮が引いて岩場が見えていたため、無事に綺麗なハートロックを見ることができました!潮だまりに溜まった水が紫色のお花のような海藻と合わさってとても綺麗なブルーになっていて、とっても幻想的でした。

ハートロックまでは、奄美空港から名瀬市街地方面に向かう、龍郷奄美空港線という道路の途中にある小さな看板を頼りにジャングルのような道に入ります。ジャングル道を5分ほどあるいて砂浜に出て、しばらく右に進んだところにハートロックのある岩場があります。ジャングル道を抜けてからは砂浜を5分ほど歩くのですが、サンダルで行ったため、砂がかなり熱くてヤケドするかと思いました。(笑)ビーチって、濡れるかもと思ってサンダルで行ったら砂が熱すぎたり、砂が熱いかもと思ってスニーカーで行くと波に足を突っ込みたくなったり、靴選びが難しいと思うのは私だけでしょうか…(笑)ハートロックに行くのであれば、ジャングル道や岩場等、足元が険しい所があるので、少々濡れることは覚悟の上でスニーカーで行くことをおススメします!

ちなみに、砂浜に出てからはGoogle Mapを頼ってハートロックを目指したのですが、Google Mapが示す場所よりも少し手前の岩場にあり、あやうく通り過ぎて迷子になるところでした。文明の利器に頼りすぎるのもよくないですねえ…。ぜひ海岸線の景色と岩場に打ち付ける波を楽しみながら、ハートロックを探してみてください!(明らかにハート型の潮だまりになっているのですぐにわかるはずです。)

===
ハートロック
Google Map(目安)
===

シュノーケリングでウミガメ探し!

ハートロックで景色を楽しんだ後は、自転車でホテルへ戻り、1日目のメインイベント、シュノーケリング体験に向かいます!今回体験したのは、事前に予約していた、「ウミガメ探検シュノーケリング」というもので、その名の通り、ウミガメを探しにシュノーケリングに出かけるコースです。ホテル送迎・海中での写真付きのコースで、シュノーケルとフィン(足ヒレ)を使って、30~40分奄美の北側の海を泳ぎました。

同じコースに参加したのは私と、1組のご夫婦の計3名で、残念ながら私たちが泳いだ海ではウミガメに会うことはできなかったのですが、その代わり(?)とっても海の中が綺麗な日で、サンゴやイソギンチャク、クマノミやウミヘビ等、南国ならではのとっても美しい海を堪能することができました!また、ダイビングショップの方々はとても気さくな方ばかりで、人見知りの私でもとても楽しくお話ができましたし、島の観光でおススメのポイントもたくさん教えていただきました!(実際、2日目の半分はダイビングショップの方から聞いた情報を元に行動しました(笑))今回利用したダイビングショップは、一人参加も歓迎!との旨がホームページに記載されていて、一人旅でも安心して楽しく参加できました!また奄美に行くことがあれば、ウミガメのリベンジも合わせて、またぜひ訪れたいショップです♡

===
ダイビングショップ ネバーランド
ホームページ
ウミガメ探検シュノーケル
Google Map
===

ということで、1日目はこんな感じで初めての奄美大島&自分史上国内最南を満喫しました!2日目については次回の記事で書いていきたいと思います。今回はこのへんで(・ω・)ノ

最新記事の情報はこちらから!