#女一人旅(国内編)初めての奄美大島編#2

この記事は奄美大島編#2です。前回の記事はこちらから、ぜひご覧ください(・ω・)ノ

海を見ながらドライブ

2日目は、ホテルをチェックアウト後、バスで空港へ向かい、空港近くのレンタカーショップで車を借りました。18時の帰りの飛行機まで、一日ドライブしながらお買い物やアクティビティを楽しみます!空港から市街地へ向かう龍郷奄美空港線をしばらく走り抜けていくと、とっても綺麗な海が見えてきます!綺麗な海を横目に見ながら、お昼ご飯を食べるために、車を走らせます。

1日目のダイビングショップの方によると、奄美は電車がなく、バスの本数も少ないため、移動には車が必須。そのため、高齢者の方が車を運転することも多く、のろのろ運転に出会うこともしばしばだそうです。実際、私が運転していてもそういった車が前を走ることもありました。そして、のろのろ運転に伴うあおり運転もあるので気を付けて!とのことです。また、いつのろのろ運転に出会うかもわからないので、目的地には余裕をもって向かうようにしたいですね。奄美の道路は基本的に片側一車線なので、余裕を持って出かければ、運転初心者でもとっても走りやすく、気持ちいいドライブができる場所です!

人気のパン屋さんでお昼ご飯!

空港から20分程度車で走った、ばしゃ山~神の子エリアにはおしゃれなお店がいくつかありました!前回の記事で紹介した、奄美きょら海工房をはじめとして、いくつかお店が並んでいるのですが、今回は晴れるベーカリーという、地元でも人気のパン屋さんに寄って、お昼ご飯にパンを食べることにしました!店内は1~2人が入るのがやっとのスペースで、テラスに2テーブルほど席がある、とても小さなお店ですが、塩バターパンをはじめとして、できたての美味しいパンを買うことができます。また、カフェメニューもあり、私はパンと一緒にカフェラテをいただきました。私がお昼ご飯を食べている間も、地元の方と思われるお客さんが入れ替わり立ち替わりパンを買っていかれました。パンもコーヒーもとても美味しく、ぜひまた食べたいな~と思うものばかりでした!

===
晴れるベーカリー
ホームページ
Google Map
===

マングローブ林でカヌー体験

お昼ご飯を食べた後は、ひたすら国道58号線に沿って車で島を南下していきます。1時間ほど車を走らせ、奄美のマングローブ地帯へ向かいます。今回も事前に予約していたコースで、カヌーに乗ってマングローブを楽しみます。道が空いていたおかげで、予約時刻より30分ほど早く目的地のマングローブ茶屋に着いてしまったのですが、着いてすぐ、乗り場に案内していただくことができ、カヌー体験をすることができました。

マングローブとは何なのか、ぼんやりとしか把握していなかったのですが、川と海の間を指す、「汽水域」に生える植物のことを総称してマングローブと呼ぶそうです。奄美の南側にあるのはマングローブ原生林のため、人間の手が加えられていないマングローブです。人間の手が加えられていない=草木の剪定等は行われていないにも関わらず、草木の高さがとても綺麗にそろっていました。植物たちはお互いの成長速度を合わせ、また、後の木にもしっかりと日光が当たるよう、前の木が後ろの木の高さを超えたりしないよう、自然の力で綺麗に調整しているそうです。私が訪れたのは干潮時で、マングローブ林の中にもいくつか陸地が現れていて、陸地にはたくさんのシオマネキというオスの片方だけはさみが大きなカニがたくさんいて、片手の大きなはさみを使ってメスを呼んでいました。満潮時は、これらの陸地も川になっていて、植物によるトンネルができたり、また違った景色を楽しむことができるそうです。干潮時でも十分マングローブ林のすごさを実感することができましたが、カヌーでマングローブのトンネルを通りたい!という方は満潮時を狙って行くのがおススメです。

また、今回初めてカヌーに乗ったのですが、操縦はとても簡単で、運動が苦手な私でもスイスイ気持ちよく漕ぐことができました!今回参加したマングローブ茶屋では、初めての人にもわかりやすくカヌーの操縦方法を教えていただけましたし、ある程度川を下るとある程度自由に漕いでOKだったり、自由度が高くて、自分が納得いくまでとことんマングローブ林を満喫することができました!

===
マングローブ茶屋
ホームページ
予約したプラン
Google Map
===

奄美のお買い物スポット

ビッグⅡ

カヌー体験の後は、空港方面に向かって来た道を戻り、再び島を北上します。そして、奄美でのお買い物といえばココ!と言われる、龍郷町にある大きなスーパーマーケット兼ホームセンターみたいな感じのお店、ビッグⅡに到着です。入ってすぐに、奄美のお土産コーナーがあり、お菓子や奄美グッズのTシャツやトートバッグ、サンゴや星の砂でできたキーホルダー、はたまた沖縄のお菓子やお土産までなぜか用意されていて(笑)品ぞろえ豊富です!!そしてこのビッグⅡの一番の魅力はなんといっても、5000円以上の商品購入で無料配送を行ってくれるというところ!お土産物のお菓子の箱がかさばったり、バラマキ用にいろいろ買っていくと荷物が重くなったり…旅行にありがちなポイントを解消してくれるこのとってもお得なサービス!無料の段ボールの組み立て・箱詰めは自分で行う必要がありますが、記入した伝票(ヤマト)と配送する箱、購入したレシートの3点をサービスカウンターで見せるだけで配送を受付してくれ、あとはお家で待つだけです♪おかげで帰りの荷物が少なく済みました。ぜひ、奄美でのお土産はビッグⅡで購入&配送されることをおススメします!

===
ビッグⅡ奄美店
ホームページ
Google Map
===

原ハブ屋

ビッグⅡで一通りお土産を購入し、配送手続きを済ませた後、さらに空港方面へ戻り、龍郷奄美空港線沿いにある、原ハブ屋に向かいます。奄美空港にかなり近く、空港までは車で10分程度の場所にあります。その名の通り、ハブに関連する商品を売っているお店です。ハブの骨が入ったアクセサリーや、ハブ皮でできたお財布やグッズが並んでいます。ハブと聞くと一見怖そうに感じますが、アクセサリーはパッと見た感じハブの骨には見えない(そもそも蛇の骨って想像つきませんよね?(笑))し、様々なパワーストーンと合わせたピアスやブレスレット等、とてもおしゃれな商品がたくさんです。

さらに、こちらでは、1日3回、“ハブと愛まショー”という、ハブの生態をおもしろおかしく紹介してくれるショーもやっているそうです。ぜひ見てみたかったのですが、今回は残念ながら時間が合わず…とても面白いショーだそうなので、もし時間が合えば、ぜひ見てみてくださいね♪

===
原ハブ屋 笠利本店
ホームページ
ハブと愛まショー
Google Map
===

旅のまとめ&ポイント

1日目はサイクリング&シュノーケリング、2日目はドライブしてカヌー体験&ショッピング、といった感じで私の初奄美大島、女一人旅は無事終了です。空港まで戻ってレンタカーを返却し、帰りの飛行機も窓側の席からばっちり景色を楽しみながら帰りました♪大自然を満喫できた奄美大島旅行のポイントを3つ、まとめておきたいと思います!

  • 思ったよりも何もない。

    奄美大島は、よく耳にするのでリゾート地としてある程度都市化されているのかな?と思っていましたが、結構なにもないです。手つかずの大自然&田舎を満喫する旅行として楽しんでください!コンビニを見つけようにもぱっと見つかるようなものではなく、私の宿泊したホテルにもATMはなく、最寄りのコンビニまで車で15分かかる、だったり、普段都会で困ったらすぐにモノを買える生活に慣れている人にとっては要注意です。クレジットカードが使えるお店も増えてはいるみたいで、今回紹介したお店もほとんどがクレジットや電子マネーの利用ができましたが、現金が急に必要になった時に困るので、現金は、遅くても奄美空港のATMで用意しておくことをおススメします。

  • 飲食店の少なさにも注意!行きたいレストランは事前にリサーチを!

    上記の内容にも通じることですが、ごはんを食べられる場所も限られていたり、エリアが散らばっていたりします。ドライブしていても、パッと寄り道して入れるような飲食店は少なく、ファミレスすらも見当たらない、何もない山道・海辺の道を通ることが多いです。ごはんを食べる場所は事前に目星をつけておき、一日の行動のコースにしっかり組み込んでおくほうがよいと思います!

  • 蒸し暑い!!熱中症に注意!

    本ブログでは、暑い場所に行くことが多いからか、毎回熱中症対策はしっかりと!と言っているような気もしますが、奄美も同様に、暑さ&日焼け対策はしっかりするようにしてください!私はマングローブ林でカヌーをした際、長ズボンで行ってしまったため、裾をまくってカヌーに乗っていたのですが、油断して足には日焼け止めを塗っていなかったため、ばっちりくっきり焼けてしまいました。(というか、しっかり日焼け止めを塗ったはずの腕でも、半日ドライブをするとくっきり時計焼けしました…)また、1日目はサイクリングをしましたが、自転車で切る風や海辺の風があるといえど、すぐに喉がカラカラになるし、上記で書いたようにコンビニも少ないため、いつ自販機を見つけて飲み物を買えるかもわからない状態になります。サイクリングもとっても気持ちよかったのでおススメなのですが、あまり本格的な移動手段として使うことは考えず、泊数が少なくても、自転車や徒歩を頼らずに、惜しまずにレンタカーを利用することをおススメします。私は本格的に運転するのは約1年半ぶりで、あまり運転には慣れていないのですが、奄美の道はとっても運転しやすかったですよ♪

ということで、2020年の夏休みは奄美大島で1泊2日、大自然を満喫することができました♪島中でもコロナ対策が取られており、マスクの着用義務やアルコール消毒をたくさんしたり、少し異質な夏休みになりましたが、思い切って出かけてよかったです!とってもリフレッシュできました~!後は、GoToトラベルの還付金申請を忘れずに行うだけです…!それでは今回はこのへんで(・ω・)ノ

最新記事の情報はこちらから!