生田絵梨花がエポニーヌ役に抜擢!2021年『レ・ミゼラブル』キャストや公演日程は?

生田絵梨花さんがエポニーヌ役に抜擢!2021年『レ・ミゼラブル』キャスト発表!

2020年8月25日、ミュージカル『レ・ミゼラブル』2021年公演のキャストが発表されました。2021年公演のキャストの目玉はなんといっても、2017年・2019年公演でコゼット役を演じてこられた生田絵梨花さんがエポニーヌ役に抜擢されたことです!可憐で清楚なイメージがコゼット役にぴったりでしたが、エポニーヌの力強い女性象をどう演じられるのか、また、エポニーヌの代表曲である『On my own』を歌う生田さんを観れると思うと、今からとっても楽しみですね!

生田絵梨花さんとは?

生田絵梨花さんは、大人気アイドルグループ「乃木坂46」のメンバーの一人で、その可愛らしいルックスと見事な歌唱力で人気の選抜常連メンバーです。生年月日は1997年1月22日の23歳で、まだまだ若いにも関わらず、その歌唱力から、『レ・ミゼラブル』だけでなく、『ロミオ&ジュリエット』、『キレイ』等の様々なミュージカルで主演・ヒロインを演じてこられました。また、ミュージカルだけでなく、2019年に発売した写真集『インターミッション』が2019年の年間売り上げ部数が歴代1位を達成する等、マルチに活躍されています。

そんな多才な生田絵梨花さんですが、自身のInstagramにて、今回のエポニーヌ役にかける思いを綴っておられました。(写真中央が生田絵梨花さん。)

2021年『レ・ミゼラブル』のキャスト情報

2021年の『レ・ミゼラブル』で初参加となるのは、マリウス役の竹内將人さん、コゼット役の加藤梨里香さん、敷村珠夕さん、テナルディエ役の六角精児さん、マダム・テナルディエ役の樹里咲穂さん、アンジョルラス役の木内健人さんの6名です。その他にもマダム・テナルディエ役の森公美子さんやファンテーヌ役の知念里奈さん、濱田めぐみさん等、常連・超強力なキャストが勢ぞろいです。こんな状況ですが、無事に公演が行われるよう祈りたいところです!

===
2021年『レ・ミゼラブル』キャスト情報
ジャン・バルジャン:福井晶一、吉原光夫、佐藤隆紀
ジャベール:川口竜也、上原理生、伊礼彼方
ファンテーヌ:知念里奈、濱田めぐみ(※東京公演のみの出演)、二宮愛、和音美桜
エポニーヌ:唯月ふうか、屋比久知奈、生田絵梨花
マリウス:内藤大希、三浦宏規、竹内將人
コゼット:熊谷彩春、加藤梨里香、敷村珠夕
テナルディエ:駒田一、橋本じゅん、斎藤司、六角精児
マダム・テナルディエ:森公美子、谷口ゆうな、樹里咲穂
アンジョルラス:相葉裕樹、小野田龍之介、木内健人
全キャスト情報
===

公演日、場所は?

2021年の『レ・ミゼラブル』は、東京・帝国劇場での公演と、全国ツアー公演として、福岡、大阪、松本での公演が予定されています。帝国劇場での公演は、プレビュー公演が2021年5月21日(金)~2021年5月24日(月)、本公演が2021年5月25日(火)~2021年7月26日(月)です。全国ツアー公演は、2021年8月~10月に開催される予定です。2021年8月4日(水)〜2021年8月28日(土)に福岡・博多座での公演、2021年9月6日(月)~2021年9月16日(木)に大阪・フェスティバルホールでの公演、2021年9月28日(火)~2021年10月4日(月)の長野・まつもと市民芸術館での公演で大千穐楽を迎えます。

前回の2019年には、愛知公演と札幌公演が行われましたが、今年は代わって長野・松本での公演が追加されています。また、大阪公演は前回の梅田芸術劇場から、フェスティバルホールへと会場が変更されています。全国公演のツアー箇所は前回より少なくなっていますが、大阪に関しては収容人数が梅田芸術劇場の約1900人から、約2700人のフェスティバルホールへと大幅に増えており、人気の高さが表れているといえます。

まとめ

2年に一度上演されている、ミュージカル『レ・ミゼラブル』!新しく参加されるキャストの方はもちろん、コゼットからエポニーヌへ役変わりした生田絵梨花さん、そして常連キャストの皆さん、とっても楽しみですね!

なお、詳細な出演スケジュール情報やチケット発売情報は下記ホームページから確認できます。

  • 東京・帝国劇場公演<こちら
  • 福岡・博多座公演<こちら
  • 大阪・フェスティバルホール公演<こちら
  • 長野・まつもと市民芸術館公演<こちら

歴史的なミュージカルかつ出演者も豪華なだけに、熾烈なチケット争いが予想されますが、スケジュールをしっかり確認して頑張ってチケットを取りましょう〜!!

最新記事の情報はこちらから!