【南紀白浜】大阪から白浜へ日帰りバス&レンタカー旅行!【パンダ以外】

白浜日帰り旅行~パンダ以外の旅~

2020年9月末、和歌山の白浜へ日帰り旅行に行ってきました!今回は、GoToトラベル等のキャンペーンの対象外ではあるものの、ドライブがしたい!海が見たい!ということで行先を白浜に決めました。JR大阪駅の高速バスターミナルからバスに乗って約3時間、白浜バスセンターに到着し、近くのニコニコレンタカーにて車を借りてドライブ&観光スポットめぐりの旅スタートです!

旅の概要

  • 時期;2020年9月末
  • 手段:高速バス&現地でレンタカー
  • 行先:和歌山 白浜町

まずはとれとれ市場で腹ごしらえ!

到着し、レンタカーを借りたのがちょうどお昼前だったため、さっそくとれとれ市場に向けて車を走らせました。白浜バスセンターおよびニコニコレンタカー白浜店より、約10分ほどのところにとれとれ市場があります。市場内の食堂で、サーモンいくら丼と赤だしを注文し、新鮮な海の幸をいただきました。お昼の時点でもいくつか売り切れになっている丼ものもあったので、次回は朝イチにも行ってみたいな~と思います。

レンタカーでひたすら観光スポットめぐり!

穴場?円月島

お昼ご飯を済ませた後は、ひたすら車で観光スポットをめぐります。まず最初に目指したのは、円月島です。近くに円月島展望用の無料駐車場があるので、車を停め、海岸沿いを歩き、階段から岩場に降りることができます。円月島は直接島に上陸するような場所ではなく、とても小さな島なのですが、その形がとても独特です。海岸沿いから真ん中に綺麗な月のような穴が開いたような形の島を観るのですが、この日は天気も良く、とても綺麗な島を眺めることができました。波音も相まってとても気持ちが良かったです!夕暮れ時には、沈む夕日とともに、とても美しい円月島がみられるそうなので、夕方に行くのもおすすめです。円月島へは、とれとれ市場から再び白浜バスセンター方面へ戻り、さらに5分ほど北に海岸線を走ると展望用駐車場へ到着します。

潮風を浴びながら千畳敷を散歩

円月島を観た後は、今度は10分ほど海岸線を南下し、千畳敷に向かいました。千畳敷にも無料の駐車場がすぐ近くにあります。千畳敷は、その名の通りとても広大な岩畳で、真っ白な岩畳と美しい海が一望できます。自然の岩畳ですので、大きめの段差も多く、足元もボコボコしているので、スニーカー等、歩きやすい靴で行くことをおススメします。また、とっても風が強かったので、小物や帽子が飛ばされたりしないように注意が必要です。

日本の青の洞窟!三段壁洞窟

千畳敷で潮風を浴びまくった後は、また5分ほど車に乗って、三段壁に向かいます。千畳敷から三段壁に向かうと、右手に大きく『三段壁』と書かれた看板がありそこに駐車場があるのですが、この駐車場は有料で、1回500円の駐車料金がかかりました。駐車場のすぐそばにあるお土産屋さんで1000円以上購入すると駐車料金がキャッシュバックされるとのことですが、この駐車場より少し先に進んだ三段壁の交差点にも駐車場があり、こちらは無料のようなので、状況に応じて駐車場を使いわけてほしいと思います。

三段壁は、展望台から迫力満点の断崖絶壁を観た後、三段壁洞窟へ向かいました。洞窟への入場料金は大人1300円で、エレベーターで地下36mの洞窟に向かいます。洞窟内には、牟婁大辯才天が奉られており、お参りをしたり、洞窟に打ち寄せる波をすぐ近くで観ることができ、その波の青さがとっても綺麗かつ大迫力でした!

洞窟を満喫した後は、少し歩いて、三段壁交差点の近くにある南紀白浜オリーブ&ジェラート工房でオリーブ味のジェラートとコーヒーで小休憩することができました。オリーブ味のジェラートは変わり種ですが、クセも少なく、オリーブの香りがとっても美味しかったです!

最後はビーチと足湯でまったり

三段壁を満喫後、最後は白良浜ビーチに向かいます。ビーチで遊ぶ用意をしていなかったのですが、白浜バスセンター近くにダイソーがあったので、そこでタオルとレジャーシートを購入して白良浜ビーチに向かいました。白良浜ビーチは白浜バスセンターから車で数分のすぐ近くです。駐車場も無料の駐車場がビーチのすぐ向かいにあるのでとても助かりました。ビーチで波と戯れたり、座って海を眺めたりしていたのですが、白良浜ビーチにはすぐそばにつくもと足湯という足湯もあるので、温かいお湯につかって一日歩いた疲れ(主に千畳敷で岩畳を歩いた疲れ)を癒すことができました。足湯もビーチも入場は無料ですが、タオルの持参は必須です!!沈みゆく夕日を眺めながら、とってもいい一日の締めくくりになりました!

まとめ

今回は日帰りで白浜での滞在時間は約6時間と短かったのですが、それぞれの観光スポットが車で10分以内の距離でとてもコンパクトに観光できたため、十分満喫することができました!今回は『パンダ意外の旅』として、アドベンチャーワールドには行きませんでしたが、白浜にはアドベンチャーワールドやエネルギーランド等、テーマパークもあるので、もう少し時間がある場合や1泊以上で白浜に行く際はテーマパークも旅程に追加するのも良いかもしれません。

白浜には過去何度か行ったことがあるのですが、こんなにコンパクトで観光しやすく、また、たくさん絶景が見れるなんて思っていませんでした!GoToトラベルやGoToイート等を活用して、みなさんもぜひ白浜に行ってみるのはいかがでしょうか?

最新記事の情報はこちらから!